文学女子に食べられる 評価レビュー


文学女子に食べられる 評価レビュー

 

童貞男子が、無口で大人しい年下の文学女子に
徹底的に甘責めされる作品。

 

後輩の文学女子はスレンダー巨乳で、
その体型を男は何度もオナニーのオカズにしていた。

 

が、そのことも相手には全て知られていた。

 

耳をじっくりペロペロ舐められ、
豊満で形のいいおっぱいを触らせられ、
言葉責めや手コキをされる。

 

そして、目と目を見つめ合いながらのフェラチオ、
前立腺責め、目隠し拘束をされながらアナルに
バイブを突っ込まれるなど、プレイはエスカレート。

 

そして、バイブを入れたまま騎乗位で童貞を奪われる。

 

後半では、何度も射精されられた後に
愛の告白をされる純愛物語となる。

 

「逆転なし」の構成となっているので、
途中で男が攻めに回る展開が嫌いな人にもオススメ。

 

最初から最後まで、M男性には堪らない内容となっている。

 

→「文学女子に食べられる」の無料お試しはコチラから

 

エロ描写が秀逸な作品でした。

 

耳を舐められるところ、感じて体がビクンビクンなっているところ、
汗が滴るところなど、リアリティたっぷりでいやらしく責められます。

 

ねっとり絡みつくようなエロシーンが最高でした。

 

耳舐め音声を漫画にしたようなイメージです。

 

ストーリー構成も、最初は静かに少しずつプレイが始まるものの、
後半にかけてどんどん盛り上がるようになっています。

 

おねショタに近い要素も含まれているので、
お姉さん気質の女の子に犯されるプレイが
好きな人にもオススメです。

 

他のサークルや作家さんでは見られない、
独特なエロ描写が印象的でした。

 

マニアックで濃厚なエロが楽しめます。

 


文学女子に食べられる 評価レビュー

 

→「文学女子に食べられる」の無料お試しはコチラから

page top